開く

設立の目的

  • 学校法人大和山学園 松風塾高等学校 
    創立者

    田澤 康三郎

    (1914〜1997)

  • 創立者の田澤康三郎先生は、敗戦当時、恩師岸本英夫先生(東京大学文学部宗教学研究室)に「敗戦の真の苦悩は30年先にやってくる。日本の真の独立は30年先にやってくる」と教えられました。そして、その時のために「青年教育塾を開設したい」との強い願いを持って、昭和21年、故郷青森へ帰ってきました。当時、道路もなかったこの地で、父親(宗教法人松緑神道大和山教祖)の手伝いをしながら、未来の青年教育塾に思いを馳せ、準備をされたのです。

    9年後の昭和30年、松風塾高等学校の前身である生活学苑大和山松風塾が開塾されました。わずか6名の塾生でのスタートでした。

    宗教教育を人格形成の基幹とし、「全寮制生活における『共食・共働・共遊・共学』によって、青年は自主性と協調性が体得される」との信念から、塾生は、日中は農林作業に汗を流し、夜は勉学に勤しみ、寮生活を通して共に生きることを学びました。

    以来、19年続いた塾教育は、昭和49年、全日制普通科高校として生まれ変わりましたが、田澤先生の『高等学校における最大の意義は、自分の生き方を自分で考え出す時期にある青年たちの、修学の場であるところにある。大学入試の予備校や準備段階としての高等学校ではなく、これからの人生を思案する道場として高等学校を考えると、学科の勉強がそのまま品性を陶冶することにも通じなくてはならないし、学力が実践の原動力になるよう指導されなくてはならない。』(『教育共同体としての松風塾高等学校』より抜粋)との考えから、松風塾高等学校は、塾教育の伝統を受け継ぎ、宗教教育を根幹とする人格形成と少人数教育による学力向上、全寮制による生活力育成を目的とした教育を行っています。

教育方針

「国柱地塩」「自策自励」

高潔な思想とたくましい生活力を兼ね備え、日本をそして社会を支える柱となり、清潔な生き方で周囲の人々の心を清めていく地の塩となる青年を育てる。これを具現化するために、本校では「自らムチを打ち、自ら努め励む」ことを生活の信条としています。

教育目標

1.宗教情操豊かで、愛国心旺盛な国民の育成。
2.博文審問の精神を尊び、思考力豊かな国民の育成。
3.身体強健で、勤労意欲の旺盛な国民の育成。

沿革

  • 昭和 30. 5. 1
  • 生活学苑大和山松風塾開塾式 並びに 第一期生入塾式(6名)
  • 32. 3.31
  • 第一期生退塾式
  • 48. 7.14
  • 新校舎(高等学校)立柱式
  • 48.12.19
  • 青森県知事より高等学校設置を許可される
  • 49. 3.31
  • 生活学苑大和山松風塾閉塾式
  • 49 .4. 8
  • 新校舎(高等学校)落成式 並びに 学校法人大和山学園松風塾高等学校開校式
  • 49. 4. 9
  • 学校法人大和山学園松風塾高等学校 第一期生入学式(53名)
  • 50. 7.16
  • 男子寮(雄魂寮)上棟式
  • 51. 4. 3
  • 5男子寮(雄魂寮)落成式
  • 52. 3.12
  • 第一回卒業式
  • 54.7. 5
  • 女子寮(静修寮)上棟式
  • 54.12.22
  • 女子寮(静修寮)落成式
  • 55. 7.26
  • 男子寮(雄魂南寮)立柱式
  • 56. 3.31
  • 男子寮(雄魂南寮)落成式
  • 57. 6.17
  • 講堂(太陽堂)献堂祭
  • 57.11. 3
  • 剣道場(真心堂)落成式
  • 58. 4. 8
  • 平和祈念塔・平和の手紙祈念館除幕式
  • 59.4.9
  • 生活学苑大和山松風塾開塾30年 並びに 松風塾高等学校開校10周年式典
  • 59. 6. 4
  • 天台宗総本山延暦寺より不滅の法灯奉遷
  • 平成 5.7.18
  • 松風塾高等学校開校20周年式典・PTA創立20年記念式典
  • 8. 8.20
  • 女子寮(静修寮)新築落成式
  • 10.12.19
  • 体育館(惜春堂)新築落成式
  • 14. 2.11
  • 克雪運動場(策励館)新築落成式
  • 15. 9.13
  • 男子寮(雄魂寮)新築落成式
  • 16. 4.10
  • 生活学苑大和山松風塾開塾50年 並びに 松風塾高等学校開校30周年式典
  • 19.10.19
  • 田澤康三郎記念館落成式
  • 26. 4.12
  • 生活学苑大和山松風塾開塾60年 並びに 松風塾高等学校開校40周年式典

校長メッセージ

  • 校長

    成田 博昭

  • 松風塾高等学校は、青森県平内町にある全寮制、普通科の高等学校です。四季折々の自然が美しい地に学び舎があります。
    本校の建学の精神は、「国柱地塩」「自策自励」という言葉で言い表すことができます。この理念を具体化するため「紳士・淑女」の育成を掲げ、守るべき5つの心得(「静修」「清潔」「礼節」「和顔」「誠実」)を定めています。
    今年度は、その中の1つである「礼節」に特に重点を置き、「礼節日本一」の学校とするために、心のこもった明るい挨拶を心がけ、現在、生徒も教職員も一丸となって取り組んでいます。
    全寮制と聞くと、親元を離れての高校生活に不安を覚えるかもしれませんが、教職員全員が親身に指導しますので心配はいりません。全国各地から集まって仲間との共同生活では、基本的な生活習慣と社会で求められているコミュニケーションを身につけることができます。そして3年間、苦楽を共にすることによって強い絆が築かれ、生涯の友を得ることもできます。
    学習指導においては、習熟度に応じて「3つのコース」を設け、少人数制授業で「わかるまで」を目標に徹底して学力を伸ばします。松風塾高等学校は、小規模な学校ですが、学力を伸ばすだけでなく、世のため人のために役に立ちたいという高い志を持った青年を育てる学校です。

塾歌・同袍歌

各リンクを押して頂くと塾歌・同袍歌ともに再生します。

宗教情操教育

総合学習における宗教教育

松風塾高校の宗教教育は、世界中の宗教について学び、人生や人間の生き方について考えるところから始まります。「生きる」を考えることは私たちの周りのすべてに関係しますから、松風塾では総合学習の時間の中に位置付けています。

朝夕の礼拝

日曜日以外の朝夕、教団本部において行なわれる礼拝に参加します。見えざるものを見えるものよりも畏れ、崇める心を養うことを目的としています。また、教団諸行事に参加することもあります。毎月18日は「世界平和祈願日」としており、この日は世界各地で飢餓に苦しむ人々、戦乱で苦しむ人々に思いを寄せ、朝の一食を抜いて平和を祈ります。

不滅の法灯

松風塾には比叡山から分燈された「不滅の法燈」があります。一隅を照らす人となるように、心の火を消さないようにと祈りを込めながら全員でこの火を守っています。

いじめ防止基本方針

2018年度のいじめ防止基本方針です。
クリックすると、ご覧になれます。