人格と学力を高める教育プログラム

皇居勤労奉仕

日本の伝統文化と日本人の源流を学び、日本人としての誇りをもち、世界で果たすべき役割を考える。

【学び】

日本の伝統文化における皇室の存在・歴史を学んだ上で、皇居を訪ね、清掃奉仕をする。

天皇皇后両陛下のご会釈は、生涯忘れられない記憶として心に刻まれるであろう。

宗教情操教育

目に見えないものを畏れ敬う心を育て、全てに感謝できる心を醸成する。

【学び】

宗教の授業、礼拝、朝会などを通して、平和のために「宗教」が果たす役割を学ぶ。

神道文化を基盤に、より良く生きるためにはどうすればよいかを深く考える。

国際理解教育

世界の現状を知り、課題を見つけ、日本人としての役割を認識する。

【学び】

海外で活躍した方々の講演を聞く。

ホームステイや異文化交流の体験を通して、世界のために自分たちができることは何かを考える。


個別徹底教育と自学自習

自分の夢と成功目標を設定し、最後まであきらめずにやり抜く姿勢を養う。

【学び】

成長過程やつまずきに応じた課題に向き合い、一つ一つ解決していくことで、成功体験を実感し、自らの可能性を信じ続けることができる。

全寮制生活

社会性を養う規律とルールを学び、集団生活を通して、自主性と自立心を養う。

【学び】

勉強・部活・行事だけでなく、掃除・洗濯・当番を日々行うことで、仲間との友情、親への感謝が深耕される。

親離れは三年早くなるが、自立も三年早くなる。

大自然体験学習

豊かな自然環境での教育活動や勤労体験を通して、社会奉仕精神と完遂する精神を学ぶ。

【学び】

稲作実習、リンゴ収穫実習を通して、自ら働くことの大切さを知る。

仲間と共に試行錯誤をしながらミッションをクリアすることの重要性を理解する。


マンドリン合奏

全校生徒によるマンドリンオーケストラで、「調和」の精神を学ぶ。

【学び】

未体験の世界に挑戦し、仲間を信じ、共に大きな壁を乗り越える。

大切な仲間と美しいハーモニーを奏でた時の喜びは一生の宝となるだろう。

行動レパートリー

「礼節日本一」を達成するための行動基準を、生徒が話し合い、明確化し、自ら実行する。

【学び】

自分だけでなく全校がチームとして向上する道筋を企画し、目標達成に向け、励まし合い、切磋琢磨しながら、具体的に行動する。

平和活動

世界平和に貢献できる真の国際人を目指し、具体的に行動する。

【学び】

月に一度、朝の一食を抜き、その浄財を国連 WFP に寄付する活動や様々な慈善活動を通して、仲間と共に自分ができることを誠実に行い、世界平和貢献への第一歩を踏み出す。