人間形成

『礼節日本一』

P1000743_R P1010094

いつの時代にも変わらず、社会人にとって必要とされるのが礼節ではないでしょうか。

松風塾では「礼節日本一」という大きな目標を掲げています。気持ちのよい挨拶、大きな返事、正しい姿勢。これらが身に付くように、日々の生活で訓練、実践しています。

本校に入学してまずはじめに行われるのが、「集団訓練」です。ここでは、基本的な挨拶、返事や姿勢、動作が教えられます。

ご自分のお子さんが大きな声で挨拶をする姿を初めて見て、感動される保護者の方も少なくありません。本校で、最も力を注いでいる教育のひとつです。

『マンドリン合奏』

 

マンドリンという楽器を知っていますか?ほとんどの生徒が初めて目にし、手にする楽器でしょう。

松風塾高校では、マンドリン音楽が必修です。1年生の間は、授業で基礎練習を行い、本格的な合奏練習は2年生になってから行われます。2年生の9月から約1ヶ月間は、特別養護老人福祉施設や地元の中学校等へ訪問演奏に出かけたり、青森市内の大きなホールで定期演奏会を開催します。

夏休みは約2週間の合宿を行います。練習に練習を重ねて技術が向上し、全く弾けなかった自分が弾けるようになり、オーケストラの一員として合奏をする経験ができます。

それは自分自身に起きた変化を体感する瞬間でもあります。

何よりも、皆と「調和」してひとつの音楽を完成させることを通して、現代の若者に失われかけている協調性の涵養になることが大きな目的でもあります。

『勤労体験学習』

 

松風塾高校には「用務員のおじさん」はいません。日々の校内清掃はもちろんのこと、冬季の雪囲い設置といった冬支度も、寮内の細かな環境整備作業も、全て生徒が中心となって行ないます。

また、春には田植えを、秋には稲刈り、リンゴ収穫実習をします。11月には収穫感謝祭を実施し、自分たちが育てたお米で餅つきを行います。農家の方から直接指導を受け、実際に体を動かします。

やがては社会の一員として世のため人のために活躍する事を願い、汗の尊さを知り、働くことの大切さや天地自然の恵みに感謝できる心を養うために勤労体験学習を重視しています。