全寮生活

寮生活の目的

今、社会で求められている人とはどんな人でしょうか。
「自分」をしっかりと持ちながら、他を思いやる
松風塾では全寮制を通して、そんな人材を輩出していきたいと考えています。

寮生活で育む力
  • 自立力
  • 社会性
  • コミュニケーション力
  • 決断力
  • 問題解決力
  • 自律力
  • 論理的思考力
  • リーダーシップ
  • 表現力
    (プレゼンテーション)
  • ディスカッション
  • マネジメント力
  • 創造力
  • 忍耐力

自立心を養うことができるシステム

松風塾高校の寮には、寮母さんがおりません。そのため、洗濯やアイロンがけ、掃除も全て自分で行います。

中学校までは親御さんが面倒を見てくれていたと思いますが、自分のことを自分ですることで自立心と生活力、そして家族への感謝の気持ちを育みます。

全員はじめての寮生活ですから、最初はもちろん何もわかりません。しかし、入寮後に同じ経験をしてきた先輩方が1人1人にしっかりついて、全て指導してくれます。

また、学校の教員が男子寮、女子寮の寮監も兼務しています。学校だけではなく、生活の面でもみなさんをサポートします。

非言語的なコミュニケーション能力を身に付ける

全国各地、さまざまな環境から集まった生徒が、一つ屋根の下で暮らします。

部屋は、3学年混合の4人部屋で、メディア機器などはありません。

生活に必要なものの多くが公共スペースに置かれ、みんなで共同で使っています。

後輩に布団の畳み方を指導する先輩
1台のテレビをみんなで鑑賞する寮生

土日の夜は、大型テレビの前に集まり、みんなで見ます。

また、基本的な生活習慣も、先生ではなく「先輩」が教えてくれます。

まるで、大家族の兄弟ように生活しています。

スマートフォンやテレビゲームなど、現代的なメールやSNSなどの言語ツールに頼らない、Face To Faceの会話が自然と交わされています。

社会生活に必要な非言語的なコミュニケーション能力を、寮生活を通して3年かけて学んでいきます。

共同スペースでの談笑中

先輩から後輩へと受け継がれる良習

脚下照顧
入寮前は意識しなかった足元への意識。これを無意識に行う習慣。
基本は足元から
自室前の様子
次の人への思い遣り
洗顔・歯磨きなど日常生活の中で、次に使う人を思い遣る気持ち。
洗面所の水跳ね箇所を残さないように
きれいな状態で次の人へ

1日のスケジュール

※寮日課は、季節や学校の時程によって変わりますので、おおよその目安とお考えください。