雪室りんご

平成31年1月21日(月) 今年も県内の信者さんより「真心」を届けていただきました。

りんご14箱です。このりんごで『雪室りんご』作りを行いました。

雪室りんごは、雪の中(温度1~2℃、湿度90%)にりんごを長い間埋めておくことで作られます。この中で熟成され糖度が増し、瑞々しくもぎたてのりんご以上の味になります。まるでジュースを食べている感覚です!

女子寮前に12箱、太陽堂渡り廊下横に2箱を保存。

「小さな真心を大きく汲み取りなさい」というのが創立者 田澤康三郎先生の教えでした。信者さんの真心を大きく汲み取り、期待に応えられるよう頑張っていかなければと改めて感じることができました。本当にありがとうございました。

更新日:2019/02/05