最近の野球部の様子(10連休~)

今年のゴールデンウィークは10連休ということで、松風塾高校の生徒たちは帰省することになりました。しかし、野球部員はシーズンに入りましたので、帰省したい気持ちをグッとこらえ、練習や練習試合を重ねました。

練習試合をしても大量得点され、這い上がれないような気持ちになりますが、お腹一杯食べて、気持ちを切り替えて、一歩でも前に進もうと頑張っています。

腐ったまま終わりたくない。明日にはまた努力して、少しずつ成長した自分の姿を実感したい。そんなド素人集団です。そんな野球部の最近の様子です。

 

4月28日(日)弘前中央高校、4月30日(火)七戸・野辺地高校の連合チームと練習試合でした。相変わらずの大量点を取られての敗戦でした。ことし最初の練習試合なので仕方ないのかもしれませんが、決して褒められる内容ではありませんでした。落ち込んでいる生徒を見かねて、時々指導しに来てくれる木村さんが野辺地町にある「船宿」のカツカレーをごちそうしてくれました。このカツカレーがまた、普通なのに大盛りで、2年前に来たときには、ほとんどの生徒は全部食べられませんでした。

2年前には全部食べられなかったカレーですが、今年は1年生以外は全員完食でした。食べる体力が付いてきました。

 

5月3日(金) 大畑高校と、5月4日(土)  大湊高校の1・2年生との練習試合。生徒は楽しみにしていた宿泊ありのむつ遠征でした。守備面での課題が多いため、大量失点に繋がってしまします。人生初のホームランも出た生徒もいました。反省だらけの試合結果でしたが、夕食の時にはもうすでにいい雰囲気になり、お腹一杯食べることが出来ました。

   

 

合宿最終日。平内球場での練習予定でしたが、バスでグラウンドまでは行ったものの、水浸しだったので、走って学校まで帰ることになりました。約12キロ、1時間ほどで走り終えました。

 

走り終えた後は、着替えて、打ち上げのため青森へ。今回は「かっぱ寿司の食べ放題」に行きました。最高30皿食べた生徒もいます。

  

合宿中は、体力、競技力向上を考えたメニューにしていましたが、なんだか食べてばかりいたような気もします。

 

5月10日(金)  春季青森県高校野球選手権大会 地区予選。対戦相手は青森東高校。結果はまたもや大量点を取られての5回コールド負け。しかし、収穫もありました。後半、エースが出たところで長打の連打。ホームランも出るなど、思ってもいない力強い攻撃もありました。結果は大敗でしたが、最後まであきらめずに試合運びが出来たと感じています。

 

現在、部員は10人。けが人もいて、初めて野球を経験する生徒もいて・・。こんな状態でよく大会に参加できたなと思います。大会関係者、相手チーム、そして応援に来てくれた保護者の皆さま、本当にありがとうございました。

7月の甲子園予選まで、練習時間や練習内容、グラウンドなど、厳しい環境ではありますが、限られたものの中で、自分たちの出来ることを全力でやり、納得の試合が出来るように努力していきます。勝ってみんなで笑えるように・・。

 

 

更新日:2019/05/31