course01


 創立者の田澤康三郎先生は、敗戦当時、恩師岸本英夫先生(東京大学文学部宗教学研究室)に「敗戦の真の苦悩は30年先にやってくる。日本の真の独立は30年先にやってくる」と教えられました。そして、その時のために「青年教育塾を開設したい」との強い願いを持って、昭和21年、故郷青森へ帰ってきました。当時、道路もなかったこの地で、父親(宗教法人松緑神道大和山教祖)の手伝いをしながら、未来の青年教育塾に思いを馳せ、準備をされたのです。

 9年後の昭和30年、松風塾高等学校の前身である生活学苑大和山松風塾が開塾されました。わずか6名の塾生でのスタートでした。

 宗教教育を人格形成の基幹とし、「全寮制生活における『共食・共働・共遊・共学』によって、青年は自主性と協調性が体得される」との信念から、塾生は、日中は農林作業に汗を流し、夜は勉学に勤しみ、寮生活を通して共に生きることを学びました。

 以来、19年続いた塾教育は、昭和49年、全日制普通科高校として生まれ変わりましたが、田澤先生の『高等学校における最大の意義は、自分の生き方を自分で考え出す時期にある青年たちの、修学の場であるところにある。大学入試の予備校や準備段階としての高等学校ではなく、これからの人生を思案する道場として高等学校を考えると、学科の勉強がそのまま品性を陶冶することにも通じなくてはならないし、学力が実践の原動力になるよう指導されなくてはならない。』(『教育共同体としての松風塾高等学校』より抜粋)との考えから、松風塾高等学校は、塾教育の伝統を受け継ぎ、宗教教育を根幹とする人格形成と少人数教育による学力向上、全寮制による生活力育成を目的とした教育を行っています。